日本キリスト教団神奈川連合長老会海老名教会

教会紹介
教会写真

『中澁谷教會八十年史』(1997年発行)に「海老名開拓伝道の経緯」と題して尾崎風伍・尾崎マリ子両久我山教会牧師が連名で寄稿しておられる。
これを読めば、中渋谷教会無くして、海老名教会の歴史は刻まれなかったことが分かる。
そして、そのことは同時に、森明創立に由来する中渋谷教会を通して、旧日本基督教会の信仰が海老名の地にも継承されたことを示していると言える。

1965年 12月、中渋谷教会伝道担当(当時)尾崎風伍長老・マリ子氏ご夫妻の自宅において「こひつじ会」を開始。
1966年 4月、「こひつじ会」が中渋谷教会の教会学校分校と位置づけられる(通称「土曜学校」)。
1967年 4月、尾崎宅にて毎月一回聖書研究家庭集会開始。中渋谷教会山田松苗長老が聖書講話。

草創期には上記のような歴史が刻まれた。これが後に海老名教会となるからし種である。
そこから定期的な礼拝という芽が萌え出で、成長期に入った。

1970年 4月、尾崎宅にて中渋谷教会佐古純一郎牧師による説教礼拝。以後毎月一回の「海老名礼拝」開始。平均出席20名。
1973年 10月、綾瀬町(現綾瀬市)小園に土地・建物を取得(倍率35倍の抽選に当たる)。
以後海老名礼拝は小園集会所で行われる。
1974年 3月、中渋谷教会小淵康而伝道師がご一家で小園集会所内に転居。
1976年 3月、中渋谷教会小淵伝道師辞任に伴い、中渋谷教会が海老名集会専任の教職として山口隆康牧師を招聘。
4月、毎主日に礼拝、毎水曜に祈り会を開始。
1977年 2月、神奈川教区が「海老名小園伝道所」開設を承認。
5月18日、日本基督教団により伝道所の認可を受け、以後この日を創立記念日と定める。
1978年 1月、現住所に移転し、最初の礼拝を行う。
1981年 5月、神奈川教区総会において第二種教会の設立が承認。

山口隆康牧師在任中は、み言葉の聴聞によって基本的訓練を受けた時代と言える。
スイスの改革者カルヴァンによって整理された改革派神学に則り、教会員は教理的に養われた。
神奈川教会連合の諸集会に参加し始めたのも、山口牧師在任中である。
山口牧師が1984年3月に辞任され、上記連合体の交わりを通して翌4月に廣田登牧師を招聘する。
廣田牧師在任中は、正しい制度を内に持つ教会形成のために鞭撻を受けたと言えよう。

1985年 8月、教会墓地を建設。
1986年 5月、尾崎風伍長老、神奈川教区において補教師准允受領。
7月同伝道師就任式。
1988年 1月、会堂の増築、献堂。
4月、礼拝式次第に三要文を導入。
5月、尾崎風伍伝道師、井草教会担任教師に就任。
1990年 1月、宗教法人を取得。
1992年 4月、66巻の『聖書新共同訳』を公用聖書正典として採択。
1996年 3月、廣田登牧師辞任。

この時、廣田牧師が神奈川教会連合長老会の議長であったこともあり、
新年度同連合長老会内に新設された人事委員会が当教会に教職を斡旋することとなった。

1996年 11月、寺田信一牧師招聘。
1998年 4月、「土地・建物拡張準備基金臨時特別会計」を設置。
2000年 4月、会計規定を制定。
2001年 1月、『讃美歌21』を公用賛美歌集として採択。
4月、礼拝式次第の刷新。教会学校出身者の神学校入学に伴い、
「伝道者養成基金臨時特別会計」を設置。
2002年 7月、墓地規定を制定。
2003年 3月、「日本基督教団海老名教会」規則『施行細則』を発効。
4月、「日本基督教団海老名教会」規則の改訂作業に着手。
2008年 3月〜4月、耐震補強リフォーム工事。
2012年 2月、「日本基督教団海老名教会」規則『施行細則』を改正
(執事制度導入)
2012年 3月、寺田信一牧師辞任
2012年 4月、佐藤進牧師、佐藤さゆり伝道師招聘。
2013年 4月、佐藤さゆり牧師就任

今後、宗教改革500周年時に当教会の創立40周年を迎える予定である。
2012年度末現在、教会員82名、内現住陪餐会員51名。
主の日の礼拝(日曜朝拝)平均出席38.5名。