日本キリスト教団神奈川連合長老会海老名教会

働くお父さんの絵本リスト
 「もう一回読んで!」という子どもの願いは「あの面白い世界に、もう一回一緒に行こう」という誘い。この素敵な招きには、心から喜んで何度でも応えたい。特に、働くお父さんは、子どもの促しを光栄としよう。もちろん、「父親たち、子どもを苛立たせてはならない」(コロサイの信徒への手紙3.21)というみ言葉は母親にも向けられているが。
 世界の昔話なら、ロシアの『おおきなかぶ』、ウクライナの『てぶくろ』は傑作。ノルウェーの『三びきのやぎのがらがらどん』やイギリスの『三びきのこぶた』も最高であるが、その醍醐味は〈生きるための闘い〉が展開されている点に有る。例えば、後者の結びは豚が狼を煮込みにして食べてしまうのが本筋であって、最後に狼が逃走して生き長らえるならば、それは贋作なのである。絵本の中の死闘は、決着があるから面白い。

 グリムによって「シンデレラ」は〈三回のリズム〉で再話され、本来の構造を取り戻した。「白雪姫」は王子の来訪と喉に詰まったリンゴの嘔吐、『ねむりひめ』は百年後の目覚めと王子のキスとの〈時間の一致〉が持ち味。

 『ロバのおうじ』(ほるぷ出版)はリュートの名手。『ブレーメンのおんがくたい』『おおかみと七ひきのこやぎ』は知恵の勝利が輝くロングセラー。ロシアの『マーシャとくま』『おだんごぱん』も知恵が光る。トルストイ『3びきのくま』はスリリング。『金のがちょうのほん 四つのむかしばなし』『親ゆびトム』も収められた古典集。モンゴルの『スーホの白い馬』は哀切な物語。中国の『王さまと九人のきょうだい』(岩波書店)は異民族支配の史話が背景。北川民次が再話したメキシコの『うさぎのみみはなぜながい』は骨太な味わい。
 次に日本の昔話。『ももたろう』は、松居直の〈姫取り型〉、馬場のぼる(こぐま社)の〈寝太郎型〉、その他の読み比べも面白い。『かちかちやま』では狸にも言い分があることを忘れずに。『いっすんぼうし』『かにむかし』(波)もあらゆる世代に馴染み深い。『さんまいのおふだ』『うまかたやまんば』『ふるやのもり』は緊張感が痛快。『やまなしもぎ』からは聴くことの大切さが伝わってくる。『かさじぞう』『ねずみじょうど』『つるにょうぼう』は、恩返しの外にも個別の味わい方が可能。『じごくのそうべえ』(童心社)、『ちゃっくりがきぃふ』も奥行きがある。

 尚、日本全国の昔話は一〇万話に上るとされるが、小澤俊夫再話・赤羽末吉絵の『日本の昔話』が、精選された三〇一話を季節毎に分類して整理している(全五巻)。稲田浩二・稲田和子編著『日本昔話百選』(三省堂)はコンパクト。
 続いて物語(空想物と現実物とを織り交ぜて)。ある筋では、ジオン『どろんこハリー』やエインズワース『こすずめのぼうけん』は〈放蕩息子型〉と呼ばれるらしい。エッツの『海のおばけオーリー』(波)や『もりのなか』、ダミエル『ハンナのあたらしいふく』、ゾロトウ『ねえさんといもうと』、筒井頼子・林明子それぞれの処女作となった『はじめてのおつかい』も〈行って帰って来る〉ところに安息が描かれる。バートンの『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』『はたらきもののじょせつしゃけいてぃー』も行き帰りの中にドラマがあるが、そうなると、辿り着いた先で安息を受ける同女史の『ちいさいおうち』(波)や『マイク・マリガンとスチーム・ショベル』(童話館出版)は、差詰め天路歴程型と言ったところか。

 アーディゾーニ『チムとゆうかんなせんちょうさん』以下全一一巻は海洋冒険物語。『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』のベスコフは『ペレのあたらしいふく』『おりこうなアニカ』でも高名。エッツ『わたしとあそんで』、ハッチンス『ティッチ』、ベーメルマンス『げんきなマドレーヌ』も微笑ましい。ジィーフェルト『アンナの赤いオーバー』(評論社)やギルマン『おじいさんならできる』には生活の知恵が映し出された。ヘンツ『大雪』(波)とキーツ『ゆきのひ』(偕成社)とは、雪の表情が対照的。フラック『おかあさんだいすき』(波)、ゾロトウ『わたしが母さんなら』(童話屋)の母子関係は魅力的。マックロスキーの『海べのあさ』(波)は実に爽快。ホール『にぐるまひいて』(ほ)の絵は『ルピナスさん』(ほ)のクーニー。『かいじゅうたちのいるところ』(冨山房)のセンダックは『まどのそとのそのまたむこう』の復刊が嬉しい。品切れ中であったレンスキー『スモールさんはおとうさん』は童話館出版から復刻された。

 『きよしこのよる』(教団出版局)は中村妙子の文がフィットした。八島太郎『あまがさ』の舞台は一昔前のNY。小出正吾『のろまなローラー』や渡辺茂男『しょうぼうじどうしゃじぷた』は、阿川弘之『きかんしゃやえもん』(波)に共鳴する筈。松居直『ぴかくんめをまわす』、寺村輝夫『おしゃべりなたまごやき』の絵は、『キャベツくん』(文研出版)の長新太。加古里子『だるまちゃんとてんぐちゃん』は欣快。手に汗握るのは古田足日・田畑精一『おしいれのぼうけん』(心)。松岡享子『おふろだいすき』も子どもの空想世界をのびのびと描いた。

 ポター『ピーターラビット』シリーズは動物絵本の古典。中川李枝子と大村(現姓・山脇)百合子との姉妹が手掛けた『ぐりとぐら』、レイ『ひとまねこざる』(波)、ブリュノフ『ぞうのババール』(評)も定番。なかのひろたか『ぞうくんのさんぽ』や西内ミナミ『ぐるんぱのようちえん』、スロボドキーナ『おさるとぼうしうり』も長命。ミナリック『こぐまのくまくん』、アトリー『絵本グレイ・ラビットのおはなし』(波)は童話への橋渡しに最適。ファン・イーチュン『しんせつなともだち』はぐるぐる話のベストセラー。ホーバン『おやすみなさいフランシス』の絵は『しろいうさぎとくろいうさぎ』のウィリアムズ。『もぐらとずぼん』のペチシカは『りんごのき』も心に残る。ウェッタシンハ『きつねのホイティ』はスリランカのお調子者。ビアンキ『きつねとねずみ』は大自然の厳しさに忠実。松野正子『こぎつねコンとこだぬきポン』(心)の友情は実に頼もしい。マックロスキー『かもさんおとおり』は温かく、フラックの『あひるのピンのぼうけん』(瑞雲舎)、『アンガスとあひる』は旺盛な好奇心が愉快。フィッシャーの連作『たんじょうび』『こねこのぴっち』(波)、クック『いたずらこねこ』、マチーセン『あおい目のこねこ』、ガアグ『100まんびきのねこ』、石井桃子『ちいさなねこ』と猫探しには苦労しない。百獣の王もベロニカ『ラチとライオン』、ドーハーティ『アンディとライオン』、ファティオ『ごきげんならいおん』、岸田衿子『ジオジオのかんむり』と偏在。ウォージントン兄妹『せきたんやのくまさん』はパン屋、郵便屋としても多才振りを発揮。マリノ『くんちゃんのだいりょこう』(波)は微笑ましい。フランソワーズ『まりーちゃんとひつじ』(波)、リーフ『はなのすきなうし』(波)もいと楽し。
 更には詩の絵本。絵も言葉も美しいのはシュルヴィッツ『よあけ』。ブラウン『おやすみなさいのほん』には感激。谷川俊太郎の『ことばあそびうた』『みみをすます』『めのまどあけろ』も流石である。同『おーいぽぽんた』を読み上げれば、弾む心になりにけるかも。中川李枝子『なぞなぞえほん』はリズミカル。素材が広範囲に及ぶ『かぞえうたのほん』『木いちごつみ』『かばくん』の岸田衿子には脱帽。元永定正『がちゃがちゃどんどん』や谷川『もこもこもこ』(文)は乳児にとっても面白そう。大人のために付記すれば、高価な『にほんのわらべうた』(CD付き)が随分と為になる。
 知識の絵本では、クラウス『はなをくんくん』が自然の摂理を無理なく語る。バートン『せいめいのれきし』(波)は圧巻。エッツ『赤ちゃんのはなし』の描写は壮美。谷川『わたし』は社会関係を楽しく描いた。加古里子『かわ』、山本忠敬『ずかん・じどうしゃ』は懐かしい。ウェバー『じめんのうえとじめんのした』は明快。川田健『しっぽのはたらき』の絵は『どうぶつのおやこ』の薮内正幸。小林勇『あげは』、吉崎正巳『ざりがに』も抜群の観察力。平山和子の『やさい』『くだもの』『たんぽぽ』は画集としても素晴らしい。平山『まめ』、堀内誠一『てとゆび』は復刊を乞う。堀内の『ほね』『ちのはなし』、加古『はははのはなし』、柳生弦一郎『はなのあなのはなし』は生理学に忠実。五味太郎『みんなうんち』はユーモラス。長新太『おなら』はユウも漏らす?
注: 出版社名のない絵本はすべて福音館書店の発行物です。
赤い文字は絵本のタイトルです。